女性に多い病気、膀胱炎。

わたしも何度かかかりましたが、とくに妊活中のことは鮮明に覚えています。

妊活中のある日のこと。

トイレの後、お腹がキューッと痛く、何ともつらい事態に陥りました。

覚えのある痛みから、すぐ「膀胱炎にかかった」と気づきましたが、妊娠しているかも知れないと思うと、病院に行くのはためらわれました。

でも病気が長引くのもイヤだし、赤ちゃんに影響しないとも限りません。

結局、その日のうちに不妊治療をしている病院を受診しました。

病院では、あっさり「膀胱炎ですね」。

わたしは「妊娠しているかも知れないんです!」と何度も主張して、妊婦さんものめる安全な抗生物質を処方してもらいました。

たしか「セフゾン」という薬でした。

1日3回、1週間分出たように思います。

薬をのみつつ、医師のアドバイスどおり、たくさん水分を摂って膀胱を洗い流すようにしていたら、3日ほどで症状がおさまってきました。

5日めまで薬をのんで、再度受診したら「もう大丈夫ですよ」とのこと。

本当にホッとしました。

「念のため薬はのみきりましょう」「菌が残って再発するとよくないのでね」とのことだったので、もらった薬は最後まできちんとのみました。

たくさん水分を摂って、自力で治す方法もあるようですが、わたしは、とくに妊活中は、初期のうちに病院に行くほうがいいのではないかと思います。

悪化したら、より強い薬をのまなければならなくなりますし、腎盂炎を引き起こしたら入院するはめになりかねません。

破水を招いて、早産でもしたら、それこそ悔やんでも悔やみきれないでしょう。

妊娠の可能性を伝えれば、医師は必ず安全性が立証されている安全な薬を処方してくれます。

信じて、早く治すことが大事だと思います。

つらい膀胱炎、かからないのがいちばんですが、かかってしまったら、早めの受診ですみやかに手を打ちましょう。

トリキュラー21の最安値の通販サイトはこちら